コスプレ

コスプレ

少し前は一部のオタク趣味の人が楽しんでる、というイメージだった「コスプレ」も、
最近では女子中学生や女子高校生など、若い女の子達の間でも人気になってきました。
ゲームセンターのプリクラコーナーにはコスプレ衣装の貸し出しが行われていて、
コスプレ姿でプリクラを撮る「コスプリ」が流行っています。
最近では一般的になってきた「コスプレ」ですが、元々はオタク発祥の文化ということでかなり奥が深いんです。
大きなホビーショップや、ネットでは色んなコスプレ衣装が売っていますが、
販売されている衣装を着るだけがコスプレではありません。
コスプレの本来の楽しみ方とは、「なりたいものに極限まで近づく」というところにあるんです。
それがアニメキャラであれば、ウィッグから化粧、小道具に至るまで、いかにそのキャラクターに近付くことができるか、というのがミソなんですね。
最近では既にそのキャラクターの髪型にカットされているウィッグも販売していますが、
人によって頭や顔の大きさ、形が違うので、全ての人に似合うようには出来ていません。
そのため、コスプレイヤー達は自分達でウィッグをカットします。
そして、アニメや漫画のキャラクターにありがちなツンツンヘアや、それどうなってるの?と思うような髪形まで、
スプレーで固めたり、時には自分で別で毛束を作ってボンドで貼り付けたりと、とことんこだわって再現してしまうんです。
また、顔や体に傷を持っているキャラクターなら、ボディペイントの絵の具で自分なりの「特殊メイク」を施します。
どうやったらリアルな傷に見えるか、そのこだわりっぷりはまるでアーティストのよう。
もちろん衣装を着て写真を撮る、というのは最終的な楽しみですが、そこに至るまでの衣装・小物製作がコスプレの楽しみでもあるんです。