狂言

狂言

日本には様々な芸術がたくさんあります。それらの中で日本の伝統芸能「狂言」が好きだという人もいます。
ですが、中には狂言と同じく伝統芸能の「能」と混同してしまう人がいるようです。
まず狂言とは、平安時代に成立した伝統芸能の猿学(さるがく)のひとつです。この猿楽の滑稽味を洗練させた笑劇であります。
反対に能は笑いなどはなく、シリアスなストーリーの歌劇であります。
昔からある芸能だから歴史上の人物を理解しとかなきゃ難しいというわけではありません。
狂言は、歴史上の人物が登場するわけではなく、見る人にとって親しみやすいキャラクターが登場して演じられ、現在のお笑いに通じるものが感じられます。
言葉の言い回しは、その頃の日常的な言葉を使っており内容もわかりやすくなっています。
能と同じく長い歴史の中で生まれ洗練された「笑いの芸術」とも言われています。
狂言には流派がありますが、現在では大蔵流と和泉流の二つが残っています。この二つの流派は芸風がぜんぜん違うので雰囲気がガラッと変わります。
関西ではそのような狂言を鑑賞できる能楽堂がいくつもあります。大阪の中央区には大槻能楽堂や大阪松竹座、山本能楽堂などがあります。
大阪以外でも京都・兵庫・奈良・滋賀などにもあり、自宅から近い場所でも良いし、気になる能楽を鑑賞するのも良いでしょう。